「ほっ」と。キャンペーン

ヤマガタ発!


山形出身/在住の文化人や作家の作品、山形にまつわる著作を紹介する企画です。
by plathome04
プロフィールを見る
画像一覧

第11回 編集会議

e0188169_045255.jpg

2月4日(木)19時より、「ぷらっとほーむ」にて、第11回目の編集会議を行いました。参加者は5名です。今回は、印刷会社に入稿した原稿の第二次ゲラができてきたので、その誤字脱字をチェックする校正作業を手分けして進めました。最後の作業ということもあってか、終了後はなんとなくそのまま解散するのが名残惜しく――あるいは単に疲れ果てて動けなかったせいか――これまでの半年間を振り返りながらの「プチ反省会」的な談話の場となりました。編集委員のみなさん、本当にお疲れさまでした。『ヤマガタ発』は、いよいよあと少しで完成です。お楽しみに!
[PR]
# by plathome04 | 2010-02-04 23:59 | 編集会議

第10回 編集会議

e0188169_1555295.jpg

1月28日(木)19時より、「ぷらっとほーむ」にて、第10回目の編集会議を行いました。参加者は7名です。今回は、印刷会社に入稿した原稿の第一次ゲラができてきたので、その誤字脱字をチェックする校正作業を手分けして進めました。
[PR]
# by plathome04 | 2010-01-28 23:59 | 編集会議

菊地達也 『イスラーム教「異端」と「正統」の思想史』

イスラーム教 「異端」と「正統」の思想史 (講談社選書メチエ)

菊地 達也 / 講談社


世界三大宗教の一つ、イスラーム。中東起源の啓示宗教の一つ(他はユダヤ教、キリスト教)で、それらの共通前提は「唯一神/神が預言者に下す啓示と啓典/神が人間に下す戒律/一度限りの創造と終末、その後訪れる永遠の来世」である。イスラームとは、ムハンマドを唯一神アッラーの遣わした最後の預言者と見なし、彼が受けた啓示(それをまとめたものが啓典クルアーン)に従う人びとの信仰を指す。

民族の枠を超えた普遍性をもつ世界宗教は、その拡大の過程で、思想や教義を多様化・複線化させていく。イスラームも同様だ。一一億もの信徒を抱えるイスラームには、現在、スンナ派(多数派)とシーア派(少数派)という二大宗派が存在する。本書は、これら二大宗派の棲み分けの構図がどのように成立したかを明らかにすべく、預言者ムハンマドの死(六三二)からイスラームの基本形が整う一一世紀頃までの両者の対立・抗争史を、シーア派の視点から描き出した「イスラーム成立過程」の思想史である。著者は天童市出身の若手イスラーム史研究者。

本書の面白さは、啓典宗教につきものの「正統/異端」というテーマに、従来とは異なる角度から迫った点にある。専ら西欧中世のカトリック教会をモデルとした従来の研究は、西欧中世の特殊事情――国家(政治領域)と教会(宗教領域)の分離――をも無自覚に普遍化してきた(その結果、「正統/異端」問題は単なる教義対立、「異端」は「バランスを欠いた極端派」として描かれることになった)。初期イスラーム思想史における両者の混交を見るとその特殊性は明らかだ。当然、その観点からは「正統/異端」の見かたも変わる。宗教共同体内部の特定の一派が権力と結びついたとき、そこに自派を「正統」として制度化し、他派を「異端」として排撃するメカニズムが発動する、というように。

グローバル化が進み、明治期以来の「脱亜入欧」路線の修正を余儀なくされる現代日本。知らぬ間に染みついた西欧の思考法を相対化するべく、イスラームの歴史や文化を学んでみる。本書はその優れた導きの書である。

評: 滝口克典(東根市)
[PR]
# by plathome04 | 2010-01-22 03:07 | 宗教は社会とどう関わってきたか

高橋寛人[編著] 『公設民営大学設立事情』

公設民営大学設立事情

高橋 寛人 / 東信堂


一八歳人口の減少にもかかわらず地方における大学立地は増加の一途を辿っている。これは、一九八〇年代後半の一八歳人口急増を受け、文部省がそれまでの大学新増設抑制方針を改めたことに端を発するが、それが少子化の現在にあってなお継続中だ。

とはいえ、大学は誰でもつくれるわけではない。設置主体になれるのは国と地方公共団体、そして私立の学校法人のみ。となると、大学をもたない地方自治体がそれを新設しようとする場合、通常は、私立大学を外部から誘致するか、あるいは公立大学を自前で設立するか、選択肢は二つだった。本書の公設民営方式とは、そのどちらでもない、大学設立の新手法である。

それは、地方自治体が学校法人を設立し、その学校法人が大学を設置するもの、つまり地方自治体が公費でつくる私立大学を意味する。その長所は、公立大学のように行政と大学の一体化によるデメリットを回避できる点にある。特定地域をサービス対象に限定する行政との距離が近すぎると、大学の取り組みが制約され、その普遍性(ユニバーサリズム)が損なわれがちだからだ。他方で、私立大学と違い、大学が立地する地域への配慮や貢献を前提とした運営を制度的に保障できるという利点もある。象牙の塔に陥りがちな大学に地域性(ローカリズム)の風を入れていくことが可能だからだ。

公立と私立のいいとこ取りという感じだが、だからこそ、その設置の大変さは並大抵ではない。本書は、公設民営の嚆矢である東北芸術工科大学(山形市、一九九二年開学)を始め、東北公益文科大学(酒田市、二〇〇一年開学)など、九つのユニークな公設民営大学の設立事例を取り上げ、それに尽力した関係者たちに、当時の事情を聞き取りしたインタビュー集である。

東北芸術工科大学は設立二〇周年、東北公益文科大学は一〇周年をそれぞれもうすぐ迎える。一〇~二〇年といえば、地域における大学設置の成果が少しずつ目に見えてきてよい時期だ。公費負担という形で両者に関わる私たちが、それらを評価する際の一つの基準を、本書は与えてくれるだろう。

評: 滝口克典(東根市)
[PR]
# by plathome04 | 2010-01-22 03:06 | 教育現場から見たヤマガタ

押切孝雄 『グーグル・マーケティング!』

グーグル・マーケティング!

押切 孝雄 / 技術評論社


本書は、インターネット検索サイト「グーグル」を利用したマーケティング手法を紹介する初心者向けハウツー本。著者はホームページ制作・運営とWEBコンサルティングを専門とする企業経営者で、山形市出身である。

そもそもマーケティングとは何か。「商品やサービスが売れるしくみを構築すること」というのがその定義だが従来それは大企業や専門家だけが関与し得る高度な知的技術とイメージされてきた。だが、「グーグル」の多様な機能を使えば、誰もが容易にマーケティングを行えるという。それが本書の提唱する「検索マーケティング」だ。

ネットコミュニティにおいて「ググれ」などのスラングが当たり前に使われる現在、インターネット利用者であれば、誰でも一度くらいは検索サイトの利用経験があろう。しかし、通常使われる「ワード検索」以外の機能を有効活用している人はまだ多くはない。

設定したキーワードに関する新着情報をメールで知らせてくれる「グーグルアラート」。それがどのくらい検索されたかを時系列のグラフで示す「グーグルトレンド」。ホームページのアクセス解析を行う「グーグルアナリティクス」等の機能は、使いこなせば強力なマーケティング・ツールになり得る。それらを、スナック菓子「暴君ハバネロ」やカフェ・チェーン店「スターバックス」等、おなじみの例をもとに、わかりやすく解説してくれる。

とはいえ、なぜ著者は、他の検索サイトではなく「グーグル」にこだわるのか。良質で多彩な機能を積極的に無償提供する「グーグル」の社風に惹かれ、そのブランドを自発的に他人に広めようとする自身のことを、彼はエヴァンジェリスト(布教者)と自己分析する。微笑ましい理由に聞こえるが、実はそれこそがこれからのマーケティングの最重要ポイントなのだと著者は言う。消費者やユーザーに愛され、彼らに口コミで「布教」してもらうことこそが成功への鍵になるのだ、と。
インターネット初心者、そしてマーケティング初心者というあなた。本書を片手に、まずはその一歩を踏み出してみよう。

評: 矢萩竜一(天童市)
[PR]
# by plathome04 | 2010-01-22 03:04 | テクノロジーとその受容

佐藤正明 『トヨタ・ストラテジー』

トヨタ・ストラテジー―危機の経営

佐藤 正明 / 文藝春秋


トヨタは、二〇〇八年、生産台数、販売台数ともに、自動車産業の頂点に立ち、世界一になった。しかし、そこに至るまでの道のりは決して平坦ではなかった。

本書は、トヨタの社史を紐解くことにより、経営者が危機の時代にどう対応し、戦略を掲げ、それを超えて発展してきたのかを描いたノンフィクションである。雑誌『日経ビジネス』の連載を一冊にまとめたものだ。著者は、自動車業界に造詣が深いノンフィクション作家(山形市出身)。

振り返ってみると、トヨタは危機をバネに発展してきた企業である。例えば、一九七一年、光化学スモッグが社会問題化したことを受け、「マスキー法」――自動車の排気ガス規制――が成立する。ところが、車種の多いトヨタは、期限までに対応できず、政府に泣きついて実施期限を延期してもらうことでようやくこれを乗り切る。同じ頃、石油危機の発生による原油価格の高騰を背景に、低価格で燃費の良いトヨタ車が「エコノミーカー」として世界各地で爆発的に売れ出す。これに慢心せず、当時抱いた危機感をバネにトヨタは研究開発を続け、化石燃料枯渇と地球温暖化に対処するためのハイブリッド車を開発。業界の先陣を切って販売を開始した。「エコカー」は今やトヨタの代名詞となり、「環境のトヨタ」という企業ブランドを構築することに成功した。それもこれも、危機の時代にあっても、次なる飛躍に向けた準備を着々と進めていたからである。

その他にも、労使反目、銀行離反、円高、貿易摩擦、企業買収などの危機が存在した。それらに適切に対処していけるか否かは、経営者が大局的な見地から戦略を練ることができるかどうかにかかっている。歴代経営者たちがその時代に合った戦略を掲げ、「豊田綱領」に沿った経営を続けてきたからこそ、世界一になれたのだ。

とはいえ、各社の赤字決算もまたトヨタを取り巻く現実である。現在、日本経済は一〇〇年に一度と言われる金融危機に直面している。この危機をどう越えていけるか、トヨタの動向に注目したい。

評: 亀山勇樹(寒河江市)
[PR]
# by plathome04 | 2010-01-22 03:03 | 日本経済の現場から

第9回 編集会議

e0188169_1042447.jpg

1月21日(木)19時より、「ぷらっとほーむ」にて、第9回目の編集会議を行いました。参加者は6名です。今回はまず、前回に引き続き、課題となっている書評原稿のたたき台をメンバーそれぞれに発表してもらい、それをもとにディスカッションを行い、掲載可能なレヴェルにまで原稿内容を共同で推敲していくという作業をすすめました。いよいよこれで、紹介するすべての文献の書評が出揃いました。終了後、これまでの原稿について誤字脱字などがないかをチェックする校正作業を手分けして進めました。

More
[PR]
# by plathome04 | 2010-01-22 01:00 | 編集会議

鈴木由紀子 『大奥の奥』

大奥の奥 (新潮新書)

鈴木 由紀子 / 新潮社


大奥といえば、華やかに着飾った女性たちが将軍の寵愛を巡って、日々イジメや嫌がらせの応酬を繰り広げている世界といったイメージが一般的だろう。それは多分にドラマや小説がそのような脚色を加えているためであり、また、それが現代の女性社会の相似形としてわかりやすく受け止められているためである。では、果たしてその実態とはどのようなものであったのか。これが本書のテーマである。

大奥について言及している同時代史料は少ない。したがって謎の部分が多いが、著者(米沢市出身)は数少ない史料や近世史学の研究成果を用いて、大奥の生活や政治との関わり合いを丹念に読み解く。一般的に知られていない大奥の職制や給料、衣食住など、およそ一五〇〇人はいたという大奥の実生活は非常に興味深い。あたかも小説やドラマの舞台裏を覗いているかのようである。

しかし、特に注目されるのは、政治に対して陰に陽に大奥の影響があったことである。例えば、柳沢吉保や田沼意次は大奥を巧みに利用して下級武士から老中までのし上がったが、やがて大奥の信を失ったことが一因となり、失脚している。また、大奥は多額の経費を抱えて幕府財政を逼迫させていたことから、天保の改革で知られる水野忠邦は大奥の経費削減を図ろうと試みた。しかし、逆に大奥で最高位の上﨟御年寄にやりこめられたという逸話が残されている。

男性に比べて女性の社会的地位が低いとされる封建社会において、大奥の存在は特異だ。なぜ、これほどまでに大奥が政治に影響を与える存在になりえたのか。それは将軍の世継問題が幕府最高レベルの問題であったことに起因する。側室であっても将軍の生母となれば政治に対する発言力が増す。その力を頼り、利用しようとする大名や役人が集まってくることで、大奥の権力が形成されていくのである。

「大奥は人を引き寄せる魔力に満ちている」と著者は言う。華やかさや女社会の愛憎劇のみならず、政治をも左右する存在だとすれば、まさに大奥は魔的な存在であると言えよう。

評: 今野 透(長井市)
[PR]
# by plathome04 | 2010-01-21 00:44 | 日本史の中のヤマガタ

山田昌弘・伊藤守 『格差社会スパイラル』

格差社会スパイラル コミュニケーションで二極化する仕事、家族

山田 昌弘 / 大和書房


現在の日本においては、「ニューエコノミー」と呼ばれる経済システムの採用により、安定的とされた年功序列の職場環境が崩壊し、非正規雇用者が増えているという。「格差社会」と呼ばれるこの状況下で、個人に求められているものとは何か。「格差社会」に適応し、その中で生き抜くことができるのはどういった人なのか。

格差が生まれる要因を突き止め、それを除去することでよりよい社会を築いていきたい。そんな思いのもとで、「パラサイトシングル」「婚活」などの造語を生んだ社会学者・山田昌弘とコーチングの第一人者・伊藤守(山形市生まれ)の二人が、山田の現代日本若者論と伊藤のコミュニケーション論をかけ合わせ、「格差社会論」に取り組んだ、その成果が本書である。

山田曰く、会社や学校で人との関わりが希薄な状況下ではコミュニケーション能力のない人間しか生まれず、ニートやフリーターなど、スキルアップを必要としない単純労働に就く非正規労働者が増え、それが「格差社会」の要因になっているという。また伊藤は「本来人間はお互いに協力し合うことで生存確率を高めてきており、現代社会の中において組織として存在、または人間が生存するために単なる言葉の行き交いだけではないコミュニケーションが必要不可欠」と語る。彼はそうしたコミュニケーションを実践するためのノウハウをも説いている。

本書の結論は「コミュニケーション能力が高くないと「格差社会」に適応できない」というもので、その能力を高めていくためには、他者からのフィードバック――現在の自分に視点の複数性を取り入れそこで得られた情報に基づいてものごとを判断していくこと――が必要だという。これにより、自分のまなざしにかかるフィルターの偏りに気づき、自分の中の偏見や固定観念を相対化できるのだという。

とはいえ、その作業が必要なのは、果たして著者たちの言う「コミュニケーション能力の低い人たち」だけなのだろうか。若者に対する偏見と憎悪と差別感情に満ち溢れた本書の著者たちにこそ、その作業をお勧めしたい。

評: 小林美里(大石田町)
[PR]
# by plathome04 | 2010-01-20 15:38 | 日本経済の現場から

鳴海丈 『「萌え」の起源』

「萌え」の起源 (PHP新書) (PHP新書 628)

鳴海 丈 / PHP研究所


サブカルチャーの一ジャンルであるマンガ・アニメは、今や日本の文化として、世界中でブームになっている。また、マンガ・アニメ等に深く傾倒している趣味人=「オタク」は何ら珍しい存在ではなくなり、作中のキャラクターを愛でる際のオタク用語「萌え」――そこには、「かわいい」「ときめく」といった感情が何重にも含まれる――も一般化して久しい。日本では、「オタク」にまで至らないような人でも、携帯電話のストラップがSDキャラだったり、企業のマスコットキャラに「かわいい」と騒いだりしている。

そんな日本人の独特な感性は、一体どうやって培われてきたのか。時代小説家であり、マンガの原作やアニメの脚本も手がける著者(米沢市出身)がそのルーツを辿る。

本書の構成は、現代のマンガ・アニメと「萌え」の始祖として手塚治虫作品を中央に据え、時代小説家の観点から、主に江戸文化と照らし合わせつつ「萌え」を読み解く形になっている。手塚の描く、艶めかしく変身するヒロイン。自分を犠牲にして弱者を助けるヒーロー。そして単純な線で丸く小さく描写されたキャラクター。そのルーツは、歌舞伎や女剣劇、チャンバラものやアニミズム(自然崇拝)にある、といった具合である。著者の考察には「なるほど」と肯く部分も多々ある。

ただし、気になる点がある。第三章冒頭に「「萌え」という言葉は…(中略)…その定義はいろいろと発表されていますが、私にはいま一つ理解できませんでした」とある。著者の「萌え要素」(メガネっ娘らしい)も明かされてはいるのだが、「萌え」という感性が結局のところ何であるのか、読んでいる側にはさっぱり理解できない。要は「萌え」に対する考察が浅すぎるのである。巻末の参考資料がその証拠だ。発刊当時、すでに「萌え」考察本は相当数出ていたはずなのに、それらがまるで見当たらないからだ。

その意味で本書は、「萌え」る人びとの欲望の向かう先を示す典型的なサンプルとなっている。なぜ彼らは「江戸」へ向かうのか。本書を資料に、この謎について考えてみよう。

評: 今村祐子(米沢市)
[PR]
# by plathome04 | 2010-01-20 15:30 | テクノロジーとその受容
カテゴリ
全体
編集会議
宗教は社会とどう関わってきたか
コミュニケーションの難しさ
日本史の中のヤマガタ
上京論/東京論
日本経済の現場から
教育現場から見たヤマガタ
テクノロジーとその受容
地域・食・環境から見たヤマガタ
ヤマガタの芸術・文化
ヤマガタの文学
未分類
以前の記事
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧